長文読解で必ず出てくる記事問題対策の勉強法

しっかり対策をしていれば、意外と攻略は簡単な「記事読解」の対策を説明していきます。

長文読解 記事編

スポンサードリンク

長文読解で必ず出てくる、記事の問題。
例えば新聞記事や、雑誌記事など、見るからに「難しそう・・・」と頭を抱えてしまいそうに、英文がずら〜っと並んでいます。

 

もちろん、想像通り、長文の中では難しい問題です。

 

ですが、しっかり対策をしていれば、意外と攻略は簡単なのです。
ここでは、「記事読解」の対策を説明していきます。

 

まず、日本の新聞や雑誌記事を想像してみてください。
例えば、「台風3号の影響で多くの家屋が被害に合った」という内容の記事があったとします。

 

日本の新聞で、上記の内容を掲載する時、どんな風に書かれてありますか?

 

大体の場合、大トピックとして、「台風3号、家屋崩壊」など、シンプル且つ分かりやすい題目が設定されています。

 

TOEICも全く同じです。

 

記事の場合は、必ず一番最初に、「この記事はこういうことを書いています」というヒントが入っています。
まずは、この内容を理解した上で、文章を読み解いていくことが重要となります。

 

そしてもう一つは、テーマに沿った詳細、一番読み手に伝えたいことは「一段落目に書かれている」ということです。

 

小説などとは違い、記事の場合は、読み手が的確に情報を取得することを一番の目的としています。

 

もちろんその為には、中にインタビューした内容を入れたり、そもそも○○とは、と説明文を入れたりすることもあります。

 

でも、そう言った具体的なことは、2段落以降に書かれていて、1段落目に記事の要約がされていることがほとんどです。

 

なので、複雑な記事の読み取りポイントは、「タイトル」と「1段落目」ということになります。

 

まずはこの2点に着目し、難しい記事問題を読解していきましょう。

スポンサードリンク

次の記事>>長文読解 広告編

TOEIC対策・勉強法・目次

メニュー

TOEIC対策実践テクニック

英語活用・海外生活

英語活用・海外旅行