スピーキングのないTOEICでなぜ発音が重要か

TOEICの勉強にスピーキング? 一見遠回りに見えるけど、実は効率的なリスニングの学習法。

日本人の発音 - スピーキングのないTOEICでなぜ発音が重要か -

スポンサードリンク

英語は日本人にとってはもっとも身近な言語である一方で、非常ハードルの高い言語でもあります。また、高校まで卒業していれば最低でも一人6年は勉強しているにもかかわらず、英語でコミュニケーションを取れないということも、苦手意識を増長させている要素でしょう。

 

 

それではなぜそれだけの時間を要しながら話せるようにならないのか。それはやはり、日本独特の英語教育にあることは否めません。文法に偏った教育で、ほぼ発音・発言しない授業というのは本当に残念な内容であり、「使える英語力」を身につける内容とは間逆の内容と言っても過言ではないでしょう。

 

しかし、これだけ詰め込んだ文法力は、英語を第二言語として学ぶ諸外国と比べてもそのレベルはかなり高いのです。にもかかわらず、その文法力を使って自分の言いたいことを言う、そのために発音を磨くということをしてこなかったために、日本人はその後も英語で辛酸をなめることになっているのです。そのため、話す、ということを徹底的に磨いていく必要があるのです。

 

 

それでは話すためには何が必要かといえば、やはり発音でしょう。日本人にとって非常に大きなハードルともいえます。日本人が抱える発音の難しさはどこにあるのかといえば、息が弱くても発音できるという日本語の音の特徴ゆえでもあるのですが、まず、英語と比較して音が少ないことが挙げられ、なおかつ日本語の単純な音の構造にあります。

 

これを証明する面白いエピソードがあります。日本語を勉強している外国人に何が難しいかと言う質問をすると、「発音」という人はほぼいません。このことは日本語の音がいかに単純なもので、その種類も限られたものであるかということを示しています。

 

一方英語はというと、aというスペルでもいくつもの複雑な音があります。そのため、英語を学ぶうえでは、実は知らない音を獲得していくことが不可欠なのです。

 

ところが、こんなことは学校の英語の授業では教えてくれません。すべての英語の音を正しく発音していた教師がどれだけいるかも疑問であり、ほとんどの場合が英語特有の音を日本人から考えて近いと思う日本語の音に置き換えて教えていることがほとんどです。

 

また、人間のは知らない音を聞くとその音に似た音と認識してしまう癖があります。そのため、徹底的に知らない音として脳に記憶し直さなければ、永遠にその音を聞いて理解できるようにはならないのです。

 

スピーキングのテストが含まれないTOEICなら発音の練習はしなくていいのではと思われるかもしれませんがそれは大きな誤解であり、事実発音を磨かなければ、かなりの点数をTOEICのリスニングセクションでも取りこぼすことになります。なぜなら、正しい発音を発することができるようになれば、正しい音を認識できるようになるからです。

 

つまり、正しく発音できるようになると、相手の発する音も認識できるようになり、結果的にリスニングの能力を飛躍的に伸ばすことになるのです。もちろん、スピーキングの能力も飛躍的に伸び、相手に伝わるようになるので、リスニングセクションのトレーニングにもなり、後々ビジネスの場で英語を使う際にも役立つということは言うまでもありません。

 

イギリス英語でもアメリカ英語でもかまいません。まずは発音練習のための参考書を買って発音できない音を徹底的に練習することが重要です。

 

子どもは音を真似て発音できるようになるといいますが、大人は日本語の癖がしっかりついてしまっているのでなかなか厳しいのが現状です。そのため、どのように発音するのか詳しいメソッドが書かれている参考書が理想的です。

 

参考書に書かれている指示に従って口や舌を動かして発音練習をするのがきちんと発音できるようになる最短の道です。日本語の発音にはないので使っていない顔の筋肉を使うなど、はじめは難しい部分も確かにあるのですが、ある日コツをつかんでできるようになるというケースがほとんどです。

 

参考書に書かれたとおりに発音の練習をし、付属のCDで確認をする。地味ではありますが、この訓練が後の英語力、ひいてはTOEICの点数に大いに関係することになります。

スポンサードリンク

次の記事>>音読の重要性

TOEIC対策・勉強法・目次

メニュー

TOEIC対策実践テクニック

英語活用・海外生活

英語活用・海外旅行