TOEICでも役立つ日本人の文法&ライティング能力

俗説で英語の受験勉強は役立たないとされていますが、実際にはTOEIC対策としても役立っているのです。

受験勉強は弊害か - TOEICでも役立つ日本人の文法&ライティング能力 -

スポンサードリンク

詰め込み式の日本の受験勉強はとかく批判の対象になることが多いのですが、これはこれでTOEICにとっては役に立つ知識のひとつです。むしろ日本人は、文法に関しては英語を第二外国語として学ぶ国の中では高い知識を持っているとも言われています。

 

実際に各国の留学生の英語を聞いていると、一見流暢に聞こえても文法はメチャクチャというケースもわりとよくあります。その点日本人は、文法を知っているからこそゆっくり慎重に、間違えないように話すのかもしれません。

 

ネイティブにとっては多少ブロークンでも次々会話を繰り広げるほうが英語が上手だという印象が残るそうなので、日本人としてはスピーキングではやはり他国に遅れをとっている状態なんですね。

 

 

ところが、日本人は文法の知識があるので、語彙が少ないという問題はありつつも、多少練習をすればライティングに関しては上達が早いともいわれています。

 

一度TOEICを受けて感じる方も多いかもしれませんが、日本人の英語能力はこれまで積み重ねた文法力に集約されていることが多く、受験の際に蓄積した知識を最大限に動員して問題を解いていることにも気づくでしょう。

 

またTOEICのリーディングセクションの中にある文法問題は、日本人にとっては他のセクションによりも得点をあげやすい分野でもあります。そこでここでおすすめしたいのは、TOEICの対策をする際に、文法の対策に焦点を当てるのではなく、これまで学んできた文法知識を使ったライティング能力を磨くことです。

 

現在英語を使用した職務につくにあたって、スピーキングでのコミュニケーション以上に使われる機会が多いのがE-mailなどのライティングでのコミュニケーションともいわれています。そのため、優れたライティング能力があれば仕事では非常に役に立ちます。

 

ここでまた「TOEICにはライティングは必要ないのでは」という意見もあるかもしれませんが、ライティングを鍛えるということは、ネイティブが理解できる自然な表現を身につけることにつながり、さらに文法力を鍛えることにもなります。

 

また、きちんとした英文が書けると、ネイティブの書く文章の展開が読めるようになるので、読解のスピードも格段に上がります。たとえば日本語と英語の文章で大きな違いに挙げられるのが、英文は結論から書き、後から理由を説明するという文章の流れ。この公式とも言える様式に慣れる事で、リーディングのスピードが上がります。

 

そのため、直接ライティングの技能を図るセクションのないTOEICの対策でも、ライティングの知識は必要とされている要素なのです。

 

 

それでは、日本に生活し実際に英文を書く機会がない中でどのようにライティングを鍛えていくのかといいますと、おすすめのサービスがあります。「lang8」というウェブ上の添削サービスをご存知でしょうか。

 

ここには各国語のネイティブが登録しており、お互いに書いた文章を添削しあうというサービスを展開しています。自分の時間も多少添削に割くことにはなりますが、ネイティブに書いた英文を無料で添削してもらえるというまたとないサービスなのでぜひ利用してみてください。

 

書く内容は後々仕事などで使えるビジネスメールなどがおすすめですが、まずは日記など気軽にはじめられる内容でもかまいません。少なくとも一週間に一回くらいこのサービスを利用するようにすれば、ライティング能力は飛躍的に伸びることでしょう。

 

なかなかライティングの時間が取れない人は移動時間にスマートフォンなどのメモ機能を利用して書き、自宅のパソコンに転送し書式を整えてサービスを利用するなどの方法もトライしてみる価値はあると思います。

 

 

またTOEICの文法対策ですが、先にも述べたように日本人は発音、リーディング・リスニングなど能力と比較して比較的高い文法知識を備えているので、それほど文法にフォーカスを当てて勉強をする必要はありません。

 

文法に多くの時間を割くことを考えている場合は、その時間をすでにご紹介した発音・音読・語彙力の増強のために使うことをおすすめします。文法対策としてしいて言うのであれば、基礎的な内容をもう一度復習することが大切です。

 

なぜならTOEICの問題は、少し長めの文や難しい語彙を使って複雑な文の構造に見せつつも、実は三人称単数の主語の際に正しい動詞の単数形を選ばせるなど、文法の問題としては中学生で習うレベルの内容も多いからです。

 

対策としては日本の受験英語のレベルの文法書に一冊目を通し、わからないところがないように準備をしましょう。また、理解に時間がかかるセクションがあればその部分を中心に再度復習をするのもいいでしょう。

 

その後はTOEICの参考書に含まれている模擬試験を解き、終了後には間違ったところを中心に解説をよく読み、知識の上乗せ、TOEICの文法問題の傾向を簡単に頭に入れておくと本番も文法セクションでは点数を稼げるはずです。

スポンサードリンク

TOEIC対策・勉強法・目次

メニュー

TOEIC対策実践テクニック

英語活用・海外生活

英語活用・海外旅行